プロフィールビデオ、オープニングムービー制作 WEDDING MOVIE

ホーム プライバシーポリシー サイトマップ

お気軽にお問い合わせください 03-6455-1435

写真選びからコメントまで、絶対に失敗しない 結婚式ビデオの作り方

ホーム > 写真選びからコメントまで、絶対に失敗しない 結婚式ビデオの作り方 > 結婚式ビデオを依頼するなら、何にする?


■結婚式ビデオを依頼するなら、何にする?

結婚式ビデオと一口に言っても、様々な商品があります。
式の内容に華を添える演出であることには変わりありませんが、入場時に使用したり
余興として使用したりと、使い方は沢山。

ここでは結婚式ビデオの種類と、お二人の結婚式にぴったりなビデオの選び方をご紹介しましょう。


■シーンによって結婚式ビデオを選ぶ
結婚式ビデオの登場箇所は大きく「入場」・「中座中」・「余興」・「エンディング」の
4つのシーンで分けることができます。そのため、どのシーンでビデオ演出を効果的に
使いたいかによって選ぶ必要があるのです。

登場時に華々しくゲストに出迎えてもらいたいということであれば、入場時に上映する
「オープニングムービー」がおすすめ。お色直しで新郎新婦が二人とも中座してしまうため、
その間ゲストに楽しんでもらいたいと考えるのであれば、中座中にビデオを取り入れると良いでしょう。


■お式のテイストによって結婚式ビデオを選ぶ
結婚式会場の雰囲気が、二人が希望する結婚式のイメージに合ったから決めたという
カップルも多いのではないでしょうか。会場の装飾や衣装のテイストなど、結婚式の準備を行う際に
「式のテーマ」を決める方もいますが、結婚式ビデオも披露宴のテイストに合わせて選ぶと良いでしょう。

落ち着いた雰囲気の感動的なお式にしたいのであれば、「プロフィールビデオ」や
締めに相応しい「エンドロールビデオ」は必須。バラードなど落ち着いた楽曲をチョイスすると、
会場全体がしっとりとした良い雰囲気になります。

その反対にゲスト全員で楽しめる明るい雰囲気のお式にするのであれば、
会場が沸く「パロディムービー」がおすすめです。


■ゲストの人数によって結婚式ビデオを選ぶ
ゲストの人数によっても選ぶ結婚式ビデオは変わってきます。例えば親族だけの少人数の結婚式であれば、
二人の生い立ちを再確認できる「プロフィールビデオ」を取り入れると良いでしょう。
両家の親族にお二人の生い立ちを知ってもらえる良い機会にもなります。

その反対にゲストが多い結婚式であれば、少々派手で面白いビデオを取り入れると良いでしょう。
ゲストが多いと様々な年代の方が出席されているため、どの世代でも楽しめるビデオが好まれます。

例えばWedding Movieであれば、「馴れ初めマンガアニメ」や映画をパロディとした
「オープニングムービー」などがおすすめ。ゲストが多い場合は結婚式ビデオを入場・中座・エンディング
と各イベントの間に挟むと、非常に盛り上がるお式となるでしょう。


写真選びからコメントまで、絶対に失敗しない 結婚式ビデオの作り方

まずは、各ムービーのサンプルからお好きなものをお選びください!

オープニングムービー

オープニングムービーイメージ画像披露宴の始まりを告げるオープニングムービーは、披露宴のスタートを盛り上げる重要なアイテムの一つとなっています。

オープニングムービー

生い立ちDVD

プロフィールDVDイメージ画像 大切なゲストへ、お互いの大切なパートナーを生い立ちから 映像で丁寧にご紹介します。

プロフィールDVD

結婚式エンドロール

結婚式エンドロールイメージ画像 披露宴の最後にゲストに対する感謝の気持ちをお一人おひとりの、お名前とともにエンドロールの映像でお伝えします。

結婚式エンドロール